gitのbranchを複数環境から作業する

gitのbranchを複数環境から作業する場合に必要となるコマンドのメモ

これまでgitを複数環境から使用する場合にリポジトリをcloneして
pushとpullのみで作業(常にmasterブランチへcomit)していた。
最近はbranchを使い始めたので、その際に必要となるコマンド等をメモ。

ローカルに新しいブランチ(hogehoge)を作成し新しいブランチへ切り替える

$ git checkout -b hogehoge

remoteリポジトリにhogehogeブランチ をpushする

$ git push -u origin hogehoge

-u オプションを付けると、以降のpush/pull時にブランチ含めてリモートに同期される。

すべてのブランチ一覧を表示

$ git branch -a

ブランチでの作業が終わり、ブランチhogehogeをmasterにマージする

$ git checkout master
$ git merge hogehoge

マージ後に不要となったブランチの削除

$ git branch -d hogehoge

マージしていないブランチの場合は削除できない。

また、複数環境で作業している場合にリモートで消されたブランチがローカルに残っている場合がある。

ブランチが残っている場合の例

$ git branch -a
* master
remotes/origin/hogehoge

(cloneしてきたリポジトリでは、remotes/origin/xxxという名前でoriginのブランチが参照される)

他の人がhogehogeブランチを削除してoriginにpushしても、
既にそのブランチが手元にある人のローカルリポジトリからは普通にpullしても消えてくれない。
そういった既にリモートで削除されているブランチを消したい場合は、git pullにpruneオプションをつける

$ git pull --prune

(–pruneオプションをつけると、fetchやpullする際に自動的にリモートで削除されているブランチが削除される)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)